たるみ改善で小顔になる!コラーゲンについて

顔のアップ

なぜ「たるむ」のか

加齢とともに顔のたるみに悩む女性は増えてきます。
皮膚のたるみは、コラーゲンが減少することで起こります。コラーゲンは皮膚表面を支え、ハリをもたらしているため、コラーゲンが減少すると皮膚表面を支える力がなくなり、下に垂れさがっていきます。

顔がたるんでくると、フェイスラインがなくなり、顔の大きさも下に垂れさがることで大きく見えてしまいます。コラーゲン量をキープすることが、小顔になる第一歩です。

コラーゲンの役割

横からのヒップショット
コラーゲンは、体の中で必要不可欠な成分で、タンパク質の一種です。
タンパク質は、体の約30%といわれ、三分の一をコラーゲンが占め、体を支えるための柔軟性の役割をします。

さらに髪の毛や骨が丈夫になり、爪もキレイになります。また傷が治りやすくなるというメリットがたくさんあります。

コラーゲンは年齢とともに減少する

コラーゲンは年齢とともに減少します。量だけでなく、質も悪くなりハリや弾力がなくなってしまいます。

コラーゲンは25歳をピークに年々減少し、40代では半分以下までに減少し、60代になると三分の一ほどしか残りません。

コラーゲンの活動を活発にするために

〈コラーゲンを多く含んでいる食べ物〉

食べ物の種類 コラーゲンを多く含む食材
動物性 鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ、豚足など
海洋性 すっぽん、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カイ、エビ、クラゲなど
その他 寒天、ゼラチン

〈ビタミンCと摂取すると吸収されやすい〉
コラーゲンを上手にとるために、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。
コラーゲンを多く含んでいる食べ物だけを摂取しても、栄養に偏りがでるため、よくありません。献立にバランスよく取り込み、コラーゲンはビタミンCとの相性が非常にいいため、手羽先や鶏皮にレモンをかけたりと、普段の食生活に上手に取り入れましょう。